2015年10月10日

(冬の花 2)

ポインセチア


クリスマスの花というイメージがあります。
鮮やかに色づいているのは、花びらではなくて包葉です。

昔は赤色だけでしたが、近年になって白、ピンク、淡い黄緑などの
園芸品種が増えてきました。
posted by 関西人 at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月09日

今年も、もう12月1日、師走です。
この「花日記」も、一応秋の花はおしまいにして、
冬の花にいきます(笑)。
冬の花といっても野生種、園芸種、樹木、室内、戸外の花を
含みます。そうしないと冬は戸外で咲く花が少ないから
書くことがすぐになくなります(笑)。


「花日記」の書き始めと同じように、今日は番号なしで
シクラメンのことを書き、明日からは(冬の花 2)として
別の花のことを書いていきます。


シクラメンは、冬の代表的な室内の花です。
豪華な花ですし、ギフトとしてもよく使われます。
私の小さい頃は、花の形も一定で色も赤紫色が主でした。
ただし年とともに多くの品種が出てきて花の形、色も
現在はバラエティーに富んでいます。
ガーデンシクラメンやミニシクラメンもあります。


また昔、布施明さんが歌っていた「シクラメンのかほり」は
独特のメロディーのいい歌だと思います。

posted by 関西人 at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

(秋の花 13)

キキョウ


万葉集で秋の七草として「朝貌の花」として詠まれているのがキキョウのことだといわれています。


キキョウの花は青紫色がきれいだと思います。ずっと昔、奈良県の吉野の山中を車で走っていた時に、長い丈の野生のキキョウの花を見たのは今でも印象に残っています。
キキョウの園芸種には、色が白やピンクのものや草丈が低いものなどがあります。
なおこの日記での秋の七草の項目は、キキョウでおしまいです。
posted by 関西人 at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

(秋の花 12) 

フジバカマ


以前ここで書いたヒヨドリバナと同じキク科ヒヨドリバナ属です。
昔は日本各地にたくさん自生していたのが数を減らし、今では環境省のレッドデータブックで準絶滅危惧種となっているそうです。


フジバカマに限らず野生の動植物を大切にしていきたいと思います。
特に数が少なくなってきているものは絶滅すれば甦ることはないのですから、注意が必要です。
posted by 関西人 at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

(秋の花 11) 

オミナエシ


黄色い小さな花がかたまって咲きます。私は以前どこかの植物園で見たことがあります。近年、自生しているものが少なくなってきているそうです。
posted by 関西人 at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

(秋の花 10)

ナデシコ


秋の七草のナデシコはカワラナデシコを指します。この種類は日本の野生種ですし私は見たことはあります。


ナデシコは園芸種できれいな花がたくさんあります。カーネーションもナデシコ属です。
posted by 関西人 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

(秋の花 9)

クズ


よく、郊外の荒地の斜面一面にびっしりと生えています。
繁殖力がすごく旺盛です。


ただ私としては野生のクズよりも、以前お店で食べた葛切りと葛餅がおいしかったことの記憶のほうが強いです(笑)。
posted by 関西人 at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

(秋の花 8)  

ススキ


ススキを活けてお団子をお供えして十五夜お月様。
日本の秋の夜の代表的な行事です。
とはいっても、この頃は昔と比べてそういうことをする家は少なくなっているでしょうが。
以前ススキの穂で作ったフクロウを見たことがあります。なかなかいい感じに出来ているし、かわいかったです。


私の住む奈良県では、葛城山や曽爾高原がススキの名所です。
posted by 関西人 at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

(秋の花 7) 

ハギ


昨日の日記でフジバカマが秋の七草として出てきたので、
秋の七草について、ハギから順番にひとつずつ綴っていくことにします。これで7日分のネタが出来た(笑)。


これを書くにあたってハギのことをネットで調べて、初めて萩がマメ科ハギ属の総称であることを知りました。またハギの代表的な種類としてヤマハギ、シラハギ、ミヤギノハギなどがあるそうです。
私はてっきり、ハギというのが特定の一種類の植物の名前だと思い込んでいました。


それはともかくとして、ハギは秋らしい風情のある花です。
日本各地に、萩の寺として有名なお寺もたくさんあります。
posted by 関西人 at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

(秋の花 6)

ヒヨドリバナ


咲く時期、場所は前期の花々と同様です。
淡紫色のフジバカマに似た花が咲きます。
この花を初めて見た時に、秋の七草のひとつであるフジバカマだと思いました。
そして知り合いの植物に詳しい人に聞くと、これはヒヨドリバナだと教えられ少しがっかりしたことがあります。


ヒヨドリの鳴く頃に咲くから、この和名が付いたそうです。
posted by 関西人 at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。